肌はカラダの外観を形取る臓器といえますから、内臓に病気があると肌に異常が出るといわれ、「肌は内臓の鏡」と言われます。

精神状態が顔色に現れることもよく知られ、まさに肌は心と内臓のディスプレイといえるでしょう。

ですから顔や肌を見て一瞬のうちに年齢、健康状態、性格、などを読み取り、私たちは人の肌を見て触っていろいろな情報を得ているのです。

さて、一般に「美肌」というのは肌の表面を見ていっており、肌の中まで見える訳ではなく、肌の表面が滑らかで潤いがあることが美肌の条件でしょう。

又なめらかといっても肌に凹凸がない訳ではありません、キメがあり、それが細かい事も美肌の1つの条件です。

潤いがなくなると肌はカサカサになり、美肌とは言えないでしょう、そして、潤いと共に皮膚のハリま大切です。

お肌には、皺やシミ、タルミ、毛穴、ソバカスなど様々なお肌のトラブルが現れるものです。

シミやソバカスなど、同じ人の素肌でも年齢などで異なります。

肌にダメージを与えるものとしては紫外線、酸化、乾燥などがあります。

極端な場合は皮膚病もあります。

また剥がれた角層、皮脂、汗の乾燥したものや化粧品の残りなどの汚れも美しさを損なうことはいうまでもありません。



色トラブル

色白、色黒、赤ら顔など
白斑、ソバカス、赤アザ、青アザ、色素班など

凸凹トラブル

シワ、タルミ、毛穴など
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://cosme.reddstar.com/tb.cgi/5

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  3000


   プレビュー