眠りの質は、工夫次第で高められ、寝室にラベンダーの香りを漂わせる事でも、眠りを誘う効果を期待できます。

美肌睡眠の方法

体内時計を意識する

就寝時刻を決めて、体内時計を狂わせないようにします。

また、朝日の刺激で時計をリセットする事が大切なので、朝起きたらすぐカーテンを開けましょう。

逆に、夜に明るいものを見ると、脳が朝と勘違いするので、照明を明るくしすぎたり、夜遅くにパソコンや携帯電話の画面など光るものを見ることは控えましよう。


適度にカラダを動かす

日中運動することが大切ですが、寝る前の体操は逆に目が覚めてしまうことがありますので、ゆっくりしたストレッチくらいにとどめましょう。

寝る前に入浴する

睡眠に入る時に、体温は0.5度ほど低下しますが、その下降が急速で
あるほど深い睡眠に入れることが知られています。

お風呂などで体を温めてから寝ると、熟睡できるのはそのためです。

反対に足が冷たいまま布団に入ったりすると寝つけなくなります。

カフェインを控える

カフェインを含む飲み物は1日2杯くらいまでとし、また夜8時以後は摂らないようにします。

栄養ドリンクや市販の風邪薬にもカフェインの入っているものがありますので、気をつけましょう。

寝酒は逆効果

アルコールは一瞬眠気を誘いますが、体内で分解されるときに覚醒物
質に変わり、睡眠の質を低下させます。

眠れないという理由でアルコールをロにすることは、絶対にやめま
しょう。

毎日飲酒をすると、それだけで不眠気味になります。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://cosme.reddstar.com/tb.cgi/6

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  3000


   プレビュー